八王子の賃貸管理会社|徹底マニュアル » 失敗しない賃貸経営の3つの方法 » トラブルを未然に防ぐ対応

トラブルを未然に防ぐ対応

賃貸経営をするうえで、避けて通れないのが入居者とのトラブル。そんなトラブルに対して、オーナーはどんな対策をとったらいいのでしょうか?
ここでは、賃貸経営でよくあるトラブルと、それに対しての効果的な対策方法をご紹介します。

賃貸経営にありがちなトラブルと対策

1.家賃滞納

家賃の滞納は賃貸経営を行うときに、一度は起こると言っても過言ではないほど、よくあるトラブルです。中には数か月、数年といった単位で滞納をする入居者も見られます。家賃の滞納が発生すると、家賃収入が得られなくなるだけではなく、入居者に電話や手紙などで連絡をとるなど、手をわずらわせることになります。さらに、なかなか入金をしてくれない場合や毎月遅れるといった場合には、その都度何度も確認をする必要が発生するため、金銭面だけでなく、手間の面でも大変な負担となります。

このような家賃滞納トラブルを防ぐには、入居時にしっかり入居者審査を行うことが大切ですが、それでも家賃の滞納を完全に防ぐことは難しいでしょう。そこで考えうる対策法は、賃貸保証会社の利用です。賃貸保証会社を利用すれば、万が一家賃の滞納が発生しても、保証会社がその分を支払ってくれるので安心です。

2.入居者によるトラブル

入居者が引き起こす様々なトラブルも、賃貸経営を行うにあたって頭の痛い問題です。例をいくつかあげると、ゴミの分別、騒音、禁止しているペットの飼育、犯罪行為、近隣とのいさかい、退去時の原状回復でもめるなど、代表的なものだけでもたくさん考えられます。このようなトラブルを防ぐためには、入居者審査できちんと人となりを見極めることが重要となります。

それでも家賃滞納問題と同様で、完全にトラブルを防ぐことは難しいと言えます。そこで一番おすすめなのは、不動産会社に賃貸管理に委託することです。トラブル自体の回避はできませんが、トラブル対応やクレーム処理を一括で任せられるので安心なうえ、事務処理等の手間も省けます。

トラブル防止にはどんな管理会社がおすすめ?

賃貸管理会社に管理を任せる場合、どのような会社に委託をするのが良いのでしょうか。それは地域に密着している地元の賃貸管理会社です。

大手の管理会社は異動が多く、担当者がよく変わります。その際に引継ぎがうまく行ってないことも多いため、その度に、前の担当者と同じことを説明をしなくてはならなかったりして、手間もかかるうえ、信頼関係もイチから作り直しとなります。
それに対して地元の管理会社の場合は、同じ人がずっと担当してくれるので担当変更時の面倒もないので、長きに渡って信頼関係を結びやすいのでおすすめです。

集客力?大手?老舗?オススメの賃貸管理会社をご紹介。
詳細はこちら