八王子の賃貸管理会社|徹底マニュアル » 失敗しない賃貸経営の3つの方法 » 将来のための賃貸物件相続

将来のための賃貸物件相続

いつかは相続する時が来る賃貸物件。その時のために必要な、賃貸相続の大切なポイントを解説いたします。

相続が発生したら──知っておくべき相続基礎知識

賃貸物件をずっと持ち続けていると必ず発生すること、それは相続です。相続には法律上の決まり事や相続税など複雑な問題がたくさんあるため、早い段階から準備をしておくに越したことはありません。

まず、相続発生後の簡単な流れをご説明します。

相続が発生したら、7日以内に死亡届を提出。その後、相続の限定承認または相続放棄をする場合には、3か月以内に裁判所で手続きを行う必要があります。全て相続をする場合には「単純承認」と呼び、裁判所での手続きは不要です。税金に関しては、死亡から4か月以内に、亡くなった方の所得税の申告、そして10か月以内に、相続税の申告と納付を行います。

相続人としての地位や賃貸物件の貸主としての地位は、自動的に相続人全員に引き継がれます。ただし、この時点ではあくまでも「相続人全員の共有財産」として扱われます。そのため、入居希望者との新規契約やリフォームなど、物件に手を加えたり新たな契約をしたりといった行為は、共有している相続人全員が同意をしない限り、行うことができません。

賃貸物件を共有財産にすると、とても面倒なことになるので、相続人の一人が相続する方がベターです。なるべく早めの遺産分割協議と所有権移転登記をおすすめします。

相続についてアドバイスできる不動産会社を選ぶ

このように難解な問題が絡み合う相続をスムーズに対応するためには、相続に関するアドバイスができる不動産会社に管理を頼んでおくことが大切です。相続手続きが代行可能な会社もあるので、複雑な手続きに手間をかけたくない方にはおすすめです。万が一、相続が急に発生する事態になっても、賃貸相続に強い不動産会社に日頃から管理をしてもらっておけば、いざという時に遺された家族が困らないで済むというメリットもあります。

専属税理士が手続きしてくれる不動産会社

不動産会社の中には専属の税理士と契約をしている会社もあります。物件の賃貸管理を委託する場合、このように専属の税理士が相続の手続きをしてくれる不動産会社を選ぶことが大事です。

税理士を間に挟むことにより、相続の際に必要な手続きが円滑に進められるのはもちろん、プロの目線で相続税に関するノウハウや今後の節税対策など、大変役に立つアドバイスが受けられます。

集客力?大手?老舗?オススメの賃貸管理会社をご紹介。
詳細はこちら